大学院

関口潔教授が第19回日本医療マネジメント学会学術総会で研究発表を行いました。

2017-07-13

本学大学院 関口 潔 教授は、7月8日、仙台国際センター(仙台市)において行なわれた第19回日本医療マネジメント学会学術総会で研究発表を行いました。

演題名は「薬剤師を当事者とする薬剤関連医療事故の属性分析」で、公益財団法人日本医療機能評価機構医療事故情報収集等事業公開データから薬剤関連医療事故を抽出、分析し、病院薬局内での薬剤師による薬剤関連医療事故の内容別発生件数分布、事故発生件数と職種経験年数との関係性等について提示しました。