お知らせ

日本経済大学・経済戦争大学(仏)共催セミナー「経済戦争と防衛」のお知らせ

2012-06-04

日本経済大学・経済戦争大学(仏)共催セミナーを7月17日(火)、18日(水)に開催します。

テーマは「経済戦争と防衛」。詳細は下記のPDFをご覧ください。


≫ 「経済戦争と防衛」資料

 

 

■スケジュールとテーマ

 

7月17日(火曜日)9時00分~12時00分

 講師:経済戦争大学学長Christian HARBULOT (3h)

 総合テーマ: 経済戦争

  -経済戦争: 実用コンセプト

  -ケーススタディ: ごみ処理セクター: ある企業が如何に市場から追放されたか

  -ケーススタディ: 携帯電話セクター: 情報戦争によって市場獲得

 

7月17日(火曜日)13時00分~16時00分

 講師:日本経済大学教授Eric ROMANN (3h)

 総合テーマ: グローバル・パワー・シフトと競争力の課題

  -分裂した世界の展望: 不確実性と紛争トレンド

  -国家資本主義の台頭: 明日を形作る?

  -危機中のEUはターゲット: より攻撃的な戦略へ?

 

7月18日(水曜日)10時00分~12時00分

 講師:日本経済大学教授 菅澤 喜男

 総合テーマ:日本企業はなぜインテリジェンス嫌いなのか?

  -日本企業は、なぜインテリジェンス嫌いなのか、その意識的な背景に迫る

  -世界のインテリジェンス調査の状況を概観する

 

7月18日(水曜日)13時00分~16時00分

 講師:経済戦争大学教授Frederic RAYNAL (3h)

 総合テーマ:サイバーアタック:神話から実態へ

  -重大インフラ:外国主導アタックのターゲット

  -サイバーアタックにおけるオープンソース・インテリジェンス

  -特定企業に対する情報工作: 如何に従業員をトロイの木馬に変えるか