お知らせ

ネパール大地震義援金 3,398,406円 を大使館にお届けしました。

2015-06-08

8日、皆様方からお寄せ頂いたネパール大地震復興支援義援金 3,398,406円 をネパール大使館にお届けしました。本学3キャンパスの学生を代表し、ネパール人留学生代表のスレスタ・アニルさん(渋谷キャンパス経営学科4年)を始め、日本人を含む学生代表4名が伺い、マダン・クマール・バッタライ大使に直接お渡しして参りました。

 

 

バッタライ大使(中央)と握手するスレスタさん(右)、学生代表のリンブさん、澤谷くん、近藤くん

 

震災直後から有志ネパール人留学生と共に支援活動を呼びかけたスレスタさんが、「地域によって支援に格差があるようなので、支援が行き届いていない地域の方々にぜひ届けて下さい」とお願いすると、バッタライ大使は「本当に有難い。安心して下さい。責任を持ってお届けします。」と笑顔で応じて下さいました。
 

その後も1時間半に渡りお話を頂き、「雨季が来る前に被災者に十分な仮設住宅を確保したい」、「日本から学ぶべきことは実にたくさんある。ネパールと日本では家屋に使用する建材が似ているので、これからは耐震家屋建築の技術を積極的に学んでいきたい。」、「これからも何かあったらいつでも連絡、相談をしてほしい。」ともおっしゃいました。
 

今回お届けした義援金は、本学20か国の学生達が渋谷、福岡、神戸の3キャンパスで、1か月間の街頭募金活動を通じて、皆様方からお預かりしたものです。
 

ご協力下さいました方々に改めて心より御礼を申し上げます。
 

本学はこれからも支援活動を続けて参ります。どうか変わらぬご理解とご支援を賜りますようお願い申し上げます。

 

【過去の活動内容】
「ネパール地震復興支援」街頭募金活動報告 

「ネパール地震復興支援」街頭募金活動報告 パート2
「ネパール地震復興支援」街頭募金活動報告 パート3