お知らせ

老年学(ジェロントロジー)の講義が行なわれました(国内3番目)

2016-01-21

日本は高齢化が世界で最も早いスピードで進んでおり、こうした高齢化を研究する老年学(ジェロントロジー)が注目されています。
後藤ゼミでは、日本産業ジェロントロジー協会の崎山みゆき代表理事を招いて、高齢社会について学びました。
インターネットを用いて、日本、中国、ネパールなどの現状を調べるなかで、中国などアジア諸国でも近い将来に高齢社会がやってくることを知り、大きな驚きが広がりました。
こうした講義は、国内でも東京大学など2大学でしか実施されておらず、日経大は3番目となります。
後藤ゼミでは1月14日~21日に続けて日本と海外を比較して調べ、若い世代ができることを発表しました。