お知らせ

大連大学交換留学生の送別会(ダンス部)

2017-02-09

 2017年2月7日、大連大学からの交換留学生、任 婉榕さん、辛 爽さんの送別会をダンス部主催で開催しました。
 二人は、大連大学から日本経済大学渋谷キャンパスに、2016年度一年間の交換留学生としてやって来ました。渋谷キャンパス在学中は、ダンス部員として練習に励み、学園祭をはじめとするイベントで活躍してくれました。
 その二人が2月中に帰国するということで、今回の送別会開催となり、ダンス部より送別の記念品を贈呈しました。

 

記念品を手にする任さん(左)、辛さん(右)

 

 一年間という短い期間でしたが、ダンス部員として本当に一生懸命練習してくれました。帰国してもダンスを続けてください!また、どこかで一緒に踊りましょう!お元気で!

 

二人からのコメント

■任 婉榕さん

 2016年の5月からダンス部に入りました。これが私にとって初めてのダンスでした。難しいけど、みんなと一緒に練習して面白かったです。
 印象深かったのは、夏休みのダンス部合宿です!中国は合宿がないので、行く前からとっても興奮しました。合宿では、みんな学園祭のために一生懸命練習しました。
 日々のダンス練習のお陰で筋肉がつきましたが、毎日充実していました。学園祭にも参加しました。大勢の前でダンスするのは恥ずかしいと思っていましたが、最終的には成功することができて良かったです。
 今回の送別会を開催していただいてありがとうございます。また、記念品としてもらった、自分の名前が入った日経大のチアユニフォームを着た熊のぬいぐるみ、大好きです!
 この一年間を振り返ると、充実して楽しかったです。石松先生(ダンス部部長)、安田先生(ダンス部コーチ・ダンス授業非常勤講師)とダンス部員のみなさん、いつもお世話していただいて、ありがとうございました!

 

■辛 爽さん

 ダンス部に入ったのはまるで昨日の出来事のようです!あっという間に一年間が過ぎてしまいました。この一年間、充実して楽しかったです!
 ダンス部入部当初は、私はダンスについて何も分からなかったけど、先生たちが熱心に教えてくれたので、ダンス部に入部して良かったと思いました。みんなで一生懸命ダンスの練習をしたり、幼稚園でのボランティアに参加したり、とても良い体験になりました。合宿に参加したことも初めてです。みんなと一緒に寝食を共にして、学園祭のため、朝から晩までダンスの練習をしました。毎日充実していました。合宿のお陰で、学園祭で思ったとおりのダンスができ、嬉しかったです!
 この一年間大変お世話になりました。いろいろ勉強になりました。ダンス部に入ったことは、良い思い出となりました。ありがとうございました!