お知らせ

2017 オーストラリア研修レポート

2017-09-04

今年もオーストラリア:ゴールドコーストのボンド大学への語学・文化研修プログラムをレポートします。

8月18日~9月3日の2週間、参加者全員ホームステイで福岡キャンパスから4名、東京渋谷キャンパスから1名の計5名が参加しました。ボンド大学は1987年にオーストラリア初の私立大学として創設され、授業の質の高さと卒業生の満足度で常に上位にランクされるトップレベルの総合大学。広く美しいキャンパスも有名で、学部32コース、大学院56コースで約4,500人の学生が学び、留学生も多く受け入れています。付設のBUCは充実したスタッフ陣とその英語教育に定評があり、語学コースには世界から多くの学生が集います。

●全キャンパスの参加生は羽田空港に集合、22:00発のカンタス航空でシドニーへ向かいます。約9時間のフライト。

(↑) 福岡キャンパスから参加の皆さん。国内線ターミナルから駆けつけてくれました。

(↓)機内にて。まだ元気な頃・・・。(写真と実際の人物イメージとは若干異なります)

 

●シドニーには翌日(土曜)10:00着。ブリスベン行き国内線に乗り換え。 寒い(涼しい)、気温18℃!半袖は無理…。

(↑)シドニー国際空港でブリスベン行きに乗り継ぎ。国内線ターミナルへ向かうバスに乗り込む前。オーストラリアのアクセントに戸惑いながらも、果敢に入国審査とセキュリティ・チェックをくぐり抜けて。引率は東京渋谷キャンパス長&国際部長の古賀教授(右端)。今年も素晴らしい学生さんばかりでご満悦の様子。

●ブリスベン空港到着は11:30。大学のバスに拾ってもらってゴールドコーストへ。高速道路(無料)で約1時間15分。

(↑)ゴールドコーストへ向かうバスの中。(写真と実際の人物イメージとは若干異なります)


●かなり強い日差しと風の中、バスはSurfers Paradise経由でRobinaの街を回り、1人1人をステイ先に降ろしてくれました(少人数だからこそ)。今日と明日日曜はホスト家族とゆっくりして、月曜は8:30からオリエンテーション(レベル診断テスト&クラス分け)と授業が始まります。ステイ先はボンド大学の総合的かつ慎重な審査によって決められます。昨年と違って今年はシングルステイ!「幸か不幸か?」と聞かれれば、「幸」でしょう。
大学への行き方も人によってさまざま:歩き、バス、自転車など、ホストファミリーに教わるという早速のチャレンジです。

●8月21日(月)、大学に様子を見に行きましたら、今年もフェリス女学院大学の皆さんと一緒でした。他にも中国始め他国から大勢学生さんがいらっしゃっていました。クラスは英語レベルに応じて5レベル(5クラス)に分かれての混合形式。ただ残念なことに今年は授業の写真はNG(未成年の方が相当数いらっしゃるため)でした。(昨年の写真はこちら)


【授業1日目 キャンパスにて】

 


 



●授業は月~金の毎日、8:30~15:00まで。午前中はレベル別総合英語(General English)、午後は選択授業(Electives)で、2週間で約50時間の受講です。(時間割はこちら) 選択授業は次の通りで、かなり迷います。

・Reading and Writing 1、2
・Pronunciation 1、2
・Grammar 1、2
・Australian Cultural Studies
・Business: Living and working in Australia
・Business: Workplace English
・Sport & Health
・Leadership and Personal Development

 

●授業の写真がない代わりに、参加者の皆さんから頂いた写真を以下にご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 


 


 


 

●・・・なんだかんだであっという間に2週間が過ぎ、修了式とお別れのとき。


【8/31 最終目 キャンパスにて】

 

 


(↑)ビジネスマネージャーのSueさん、副マネージャーのJohnさん(左端)と一緒に。この日修了を迎えたのはたまたま本学のグループだけでしたので、親密で和やかな修了ランチとなりました。(場所も特別に学外で)


(↑)Aussie rump steak @ Completion Lunch

●修了式の翌日金曜日はゴールドコースト市の祝日でお休み。Gold Coast Show、買い物、ファミリーとお出かけなど、それぞれが最後の1日をゆっくり楽しみ、翌9月2日(土)は帰国の日。朝7時過ぎから各ステイ先をバスが回ってみんなを拾い、どこの家庭でもお別れの悲しい朝となりました・・・。






 


 



●…こうして今年のオーストラリア研修は終わりました。最後まで良く晴れたゴールドコーストでした。
帰りはブリスベン12:00発のカンタス便でまずはシンガポールまで。18:15着で、21:50発の東京羽田便に乗り換え。


(↑)9/3(日)朝6時過ぎ、東京羽田国際線到着。疲れは溜まっているがとにかくみんな無事に帰国。荷物も無事に帰国。
(↓)そして税関を抜けたらもう福岡のみなさんとお別れ。国内線ターミナルまでモノレールで。ああ、友よ!また会おう!!


(↓)うん、また会おう!来年ここで! バイバイ!バイバーイ!!


●同研修は来年もほぼ同じ時期に実施します。ホームステイができるのはこのプログラムだけ。さらに、日本の他大学からの仲間と友達になれること、ボンド大学Business School主催の説明会&懇親会に参加できることなど、少人数ならではのメリットがたくさんある特別な研修です。来年もぜひ皆さんの参加をお待ちしています。