教員プロフィール 渋谷キャンパス

金 在淑

金 在淑

金 在淑 JAESUK KIM

准教授

「人生を楽しむ」ために、いろいろなことに挑戦し、夢を見つけて下さい。
そして、その夢が夢で終わらないように、
諦めず、焦らず、夢に向かって一歩一歩進んで下さい。
そうすれば、きっと夢は現実となるはずです(^^)。
Enjoy your life!

◆略歴

日本大学大学院経済学研究科博士課程修了(経済学博士)
日本大学大学院経済学研究科助手

◆担当科目

経営戦略論、韓国語、専門ゼミⅠ、専門ゼミⅡ

◆専門分野

コーポレート・ガバナンス、CSR、企業論、経営学

◆趣味

体を鍛えること、お買い物

◆所属学会・主な社会活動
  • 日本経営学会
  • 日本マネジメント学会
  • 経営行動研究学会理事(平成27年6月1日より)
  • アジア経営学会
◆主要著作・論文・発表等

著書(共著)

  1. 金在淑(2011)第6章「イギリスの会社機関構造と企業統治」佐久間信夫・鈴木岩行編『現代企業要論』創成社 84-101頁
  2. 金在淑(2012)第4章「多国籍企業の経営行動―CSR経営を中心に―」菊池敏夫・太田三郎・金山健・関岡保二編著『企業統治と経営行動』文眞堂176-189頁
  3. 金在淑(2014)第12章「バーナードの組織論」佐久間信夫編著『経営学原理』創成社198-212頁
  4. 金在淑(2014)第2章「企業活動と企業統治-その主体を中心にー」菊池敏夫・金山健・新川本編著 『企業統治論ー東アジアを中心に-』税務経理協会19-29頁
  5. 金在淑(2015)第15章「社会起業家と新たなベンチャービジネス」佐久間信夫・井上善博編著『現代中小企業経営要論』創成社264-280頁
  6. 金在淑(2015)「マズロー、フォード、ドラッカー、アベグレン」佐久間信夫編著『経営者の名言』創成社55-61頁、116-125頁、156-163頁、178-185頁
  7. 金在淑(2016)第13章「経営組織の基本形態」佐久間信夫・大平義隆編著『新現代経営学』学文社233-248頁
  8. 金在淑(2016)第10章「アメリカのトップ・マネジメントとコーポレート・-ガバナンス」佐久間信夫編著『よくわかる企業論』ミネルヴァ書房78-87頁

論文(単著)
  1. 金在淑(2011)「CSRとしてのBOPビジネスの意義と課題」経営行動研究学会『経営行動研究年報』第20号119-125頁(査読付)
  2. 金在淑(2011)「多国籍企業におけるCSR問題の国際的局面―その原因と改善案―」日本大学経済学部『経済集志』第81巻第2号37-57頁(査読付)
  3. 金在淑(2016) 「日本の製薬企業のCSRへの認識と実態-大手製薬企業4社のインタビュー調査結果をもとに-」経営行動研究学会『経営行動年報』第25号83-87頁(査読付)
  4. 金在淑(2016)「CSR戦略に関する一考察-日韓製薬企業の事例を中心として-」 アジア経営学会『アジア経営研究』第22号93-102頁 (査読付)

学会発表(単独)
  1. 金在淑(2010)「GMの経営破綻の誘因分析―経営戦略とコーポレート・ガバナンスの観点から―」日本経営学会第84回全国大会 於石巻専修大学
  2. 金在淑(2011)韓国におけるCSRの現状及び動向―ステークホルダーへの対応を通じて―」日本マネジメント学会(旧日本経営教育学会)第63回全国大会於:神奈川大学
  3. 「日本の製薬企業のCSRへの認識と実態-大手製薬企業4社のインタビュー調査結果をもとに-」経営行動研究学会 於:中央学院大学2015年8月9日
  4. 「CSR戦略に関する一考察-日韓製薬企業の事例を中心として-」アジア経営学会 於:立命館大学2015年9月12日

 

◆webサイト

≫ J-GLOBAL