教員プロフィール 渋谷キャンパス

鈴木 俊介

鈴木 俊介SHUNSUKE SUZUKI

准教授

私の専門分野は、インターネットの社会学です。
人々がインターネットを通じて
コミュニケーションを行うことによって、
我々の生きている社会にどのような影響を与え、
どのような変化がもたらされるか、
ということが私の最大の関心です。

◆略歴

早稲田大学大学院文学研究科社会学専攻(修士)
財団法人マルチメディア振興センター(旧称:国際通信経済研究所)

◆担当科目

社会学概論、情報社会学、メディア文化論、ICTビジネス講座、SDセミナー、専門ゼミ、
メディア産業ビジネス研究(大学院)

◆専門分野

社会学、情報・メディア論、ITビジネス論

◆趣味

サイクリング、音楽鑑賞(洋楽ロック)、デジタル機器全般(パソコン、モバイル、AV機器、ゲーム)

◆所属学会・主な社会活動

情報通信学会
情報文化学会

◆主要著作・論文・発表等

「オープンソース・ソフトウェアのビジネスモデル研究」 (財)国際通信経済研究所自主研究報告書 2005年
「ユーザー創作コンテンツ(CGM/UCC)の課題 」ITUジャーナル2008年7月号
「ソーシャルメディアとマスメディア」 (財)マルチメディア振興センター公益研究報告書 2012年
「趣味とオンラインコミュニティ - 初音ミクに見るボランタリズムの現在」長田攻一・田所承己編『<つながる/つながらない>の社会学』(弘文堂, 2014)