経営学部

藤原 綾乃
准教授

藤原 綾乃

AYANO FUJIWARA

学生生活の中で得るものは、これからの人生の土台となるものです。
ぜひ素敵な仲間と出会い、しっかりと学んで、自分の夢を叶えてください。

略歴

学歴
 東京大学経済学部卒業
 東京大学大学院工学系研究科修了 博士(工学)
職歴
 知的財産研究所 特別研究員
 大阪大学大学院国際公共政策研究科 特任助教
 文部科学省 科学技術・学術政策研究所 主任研究官

キーワード

人材流動化

担当科目

学部:各ゼミ/経営組織論
大学院:イノベーション・プロセス研究/論理思考とプレゼンテーション演習

専門分野

イノベーションマネジメント、人的資源管理

主な研究テーマ

人材の流動化、人材の国際移動、人的資源管理

趣味

観劇、紅茶、ワイン

所属学会・主な社会活動

【所属学会】

研究イノベーション学会
組織学会
日本知財学会

【主な社会活動】

JWSE(女性エンジニア活性分科会)幹事

主要著作・論文・発表等

【主要著作】

単著
・『技術流出の構図:エンジニアたちは世界へとどう動いたか』白桃書房(2016年2月初版、2017年5月第二刷発行)
共著
・『グローバルな公共倫理とソーシャルイノベーション』金子書房(2018年3月初版)

【論文】

単著
・Ayano Fujiwara, Who Works at the Interface in Knowledge Spillover Across Organizational Boundaries?, The Review of Socionetwork Strategies, 1-17, 2017.06.
・Ayano Fujiwara, The effect of employing knowledge workers from technologically advanced countries: The knowledge spillover caused by the mobility of knowledge workers in electronic industries in Asia, Advances in Science, Technology and Engineering Systems Journal 2(3) 1342-1349 2017.08.
・Ayano Fujiwara, Researcher Mobility and Innovation: The Effect of Researcher Mobility on Organizational R&D Performance: Researcher Mobility and Innovation in the Emerging Nations' Companies, Asian Culture and History, Vol. 10, No. 2, 36-44, 2018.09.
・Ayano Fujiwara, What factors influence promotion in academia? An event history analysis for the humanities and sociology, science and engineering, and medical and biology fields in Japan, Academia Journal of Educational Research, 6(12): 309-323,2018.09.
共著
・Ayano Fujiwara, Toshiya Watanabe, Knowledge Management Using External Knowledge, International Journal of Innovation Management 21(4), 1750031_1-1750031_36, 2017.04.

【発表】

・Ayano Fujiwara, Who is Generating New Innovations? :An Analysis of Blockchain Engineers, ICIM2020, London, 2020年3月
・Ayano Fujiwara, The effects of policies for gender equality in Japanese academia: Empirical analysis using researcher database, GS10 (Gender Summit Asia-Pacific 10), Tokyo, 2017年5月
・Ayano Fujiwara, The knowledge spillover resulting from the mobility of knowledge workers, The 6th International Conference on Industrial Technology and Management (ICITM 2017) , Cambridge, 2017年3月
・Ayano Fujiwara, The effect of Research-Unit Member Diversity on R&D Performance: A case study of foreign employees in Korea’s electronics industry. R&D Management Conference 2016, Cambridge, 2016年7月
・Ayano Fujiwara, Toshiya Watanabe,“The Effect of Researcher Mobility on organizational R&D performance”, the 6th ISPIM Innovation Symposium, Melbourne, 2013年12月