経営学部

川村 哲也
講師

川村 哲也

TETSUYA KAWAMURA

行動経済学と実験経済学を専門としています。経済学の入門講義を担当しています。一貫した体系をもって社会の仕組みを学びたいとお考えの学生は経済学の門を叩いてみてください。

略歴

学部:
京都大学 経済学部 学士

大学院:
京都大学 経済学研究科 経済システム分析専攻 修士課程修了 修士(経済学)
京都大学 経済学研究科 経済システム分析専攻 博士課程修了 博士(経済学)

職歴:
日本学術振興会 特別研究員(DC1) (2006年~2009年)
京都大学経済学部 研究支援員 (2009年~2010年)
立命館大学 経済学部 客員研究員 (2010年~2013年)
大阪大学 社会経済研究所 特任研究員 (2012年~2013年)
京都大学 経済学研究科 研究員 (2014年~2018年)
関西大学 ソシオネットワーク戦略研究機構 経済実験センター ポストドクトラルフェロー (2015年~2018年)
日本経済大学 経営学部 講師 

担当科目

経済学ⅠA,ⅡB、SDセミナー、専門ゼミⅠ、専門ゼミⅡ

主な研究テーマ

寄付行動のインセンティブ、年齢、認知能力と寛容性の関係、複数のゲームに跨る協調的戦略の研究

公開講座

寄付を引き出すメカニズム
お年寄りは寛容か?

キーワード

経済実験、認知能力、利他性、不平等回避、リスク選好、内発的動機、外発的動機

専門分野

行動経済学、実験経済学

趣味

読書

所属学会・主な社会活動

【所属学会】

進化経済学会

主要著作・論文・発表等

【主要著作】

共著:
川村哲也著, 西條辰義編著, “指名競争入札における自治体の公平性がもたらす弊害-経済実験によるアプローチ-”, 勁草書房, 『人間行動と市場デザイン』第5章, 2016/6

【論文】

単著
招待論文:"規範と利害に関わる承認理論の解釈-イメージスコアモデルと評判動学による解釈-" 経済論叢183巻第3号 頁73-86、京都大学経済学会, 2009/7

査読有: " A Note on the Institution as a Nested Reasoning Structure in Terms of Bounded Cognition", Evolutionary and Institutional Economics Review, Vol.5, No.2, pp.293-305, 2009/5

・共著
招待論文:" 日本の小中高生はオンラインゲームにどれほど課金しているのか?". 情報通信学会誌, 37(1), 47-52., 2019/6

査読有: "Cognitive ability and human behavior in experimental ultimatum games",Research in Economics vol.73, No.1, pp.97-106, 2019/3

査読有: ” Experimental multimarket contact inhibits cooperation” , Wiley-Blackwell, Meteroeconomica, vol.67, Issue 2, pp.21-43, 2016/2

査読有: "Is Cooperation Stimulated in a Prisoner's Dilemma by Establishing an Efficient Outcome in a Simultaneously Played Coordination Game?: An Experimental Analysis",Vol. 8, No. 2 pp.279-295 The Japan Association for Evolutionary Economics, 2012/3

査読有:"Difficulty of Cooperation in Iterated Multi-Prisoner's Dilemma Situation-experimental Evidence.",
Proceedings of the 2006 Joint Conference on Information Sciences, JCIS 2006, Kaohsiung, Taiwan, ROC, October 8-11, 2006

【発表】

"Higher Cognitive Ability Promotes Cooperation in Infinitely Repeated PD and Deviation in Finitely Repeated PDF: Experimental Evidence", Western Economic Association International, 15th international conference, Keio University, 2019/3

法と経済学会・関西大学ソシオネットワーク戦略研究機構共同開催シンポジウム『 行動経済学と法 』, 関西大学, 2018/7

“A School Choice Experiment: Studentsʼ Cognitive Ability and Their Behavior”, 第21回実験社会科学カンファレンス, 関西大学, 2017/10

“Investigating The Simultaneous Effect Of Aging And The Cognitive Ability On Donating Behavior: Evidence From The Experimental Dictator Games”, 第21回実験社会科学カンファレンス, 関西大学, 2017/10

“The higher (lower) cognitive ability, the more generous the elderly (young): Evidence from dictator game experiments”, 12th Australia New Zealand Workshop on Experimental Economics, The University of Merbourne, 2017/9

“Investigating The Simultaneous Effect Of Aging And The Cognitive Ability On Donating Behavior: Evidence From The Experimental Dictator Games”, Singapore Economic Review Conference 2017, Mandarin Orchard Singapore, 2017/8

“A School Choice Experiment: Studentsʼ Cognitive Ability and Their Behavior”, CEE and RISS Seminar Series on Experimental Economics (第10回), 関西大学, 2017/7

“行動経済学・フィールド実験融合の事例研究: エネルギーとクラウド・ファンディング”, 日本応用経済学会 2017 年度春季大会 久留米大学, 2017/6

“Cognitive ability and human behavior in the experimental ultimatum games”, 共著, CEE and RISS Seminar Series on Experimental Economics (第9回), 関西大学, 2016/12

“Cognitive ability and human behavior in the experimental ultimatum games”, 共著, 第 20 回 実験社会科学カンファレンス, 同志社大学, 2016/10

“Cognitive ability and human behavior in the experimental ultimatum games”, 共著, フューチャーデザイン研究センター公開ワークショップ, 高知工科大学, 2016/10

“Cognitive ability and human behavior in the experimental ultimatum games”, 共著, 11th Annual Australia New Zealand Workshop on Experimental Economics, University of Queensland, Brisbane (Australia), 2016/9

“Cognitive ability and human behavior in the experimental ultimatum games”, 共著, 経済学・ゲーム理論セミナー, 筑波大学, 2016/2

“How to Promote Crowd Funding for R&D in New Sources of Energy -Evidence from Online Field Experiment-”, 共著, CEE and RISS seminar series on experimental economics (No. 6), Kansai University, 2015/12

“How to Promote Crowd Funding for R&D in New Sources of Energy -Evidence from Online Field Experiment-”, 共著, Poster session in Kyoto University Workshop on Experimental Economics (with Applied Microeconomics Seminar), Kyoto Universuty, 2015/9

"The Informational Impact of Egalitarian Government on Tacit Collusion in Repeated Procurement Auctions with Invited Bidders", 東京工業大学 第120回ゲーム理論セミナー 東京工業大学, 2014/2

"The Informational Impact of Egalitarian Government on Tacit Collusion in Repeated Procurement Auctions with Invited Bidders",関西大学,第16回RISS綜合研究会,RISS Seminar Series on Experimental Economics 第1回セミナー, 関西大学, 2013/9

"The Informational Impact of Egalitarian Government on Tacit Collusion in Repeated Procurement Auctions with Invited Bidders",Doshisha Experimental Accounting and Finance Research 第27回大会, 青山学院大学, 2013/6

"The Informational Impact of Egalitarian Government on Tacit Collusion in Repeated Procurement Auctions with Invited Bidders",富山大学経済学セミナー, 富山大学, 2013/3

"多市場接触は共謀を促進するか?", 進化経済学会第17回大会ポスターセッション 中央大学, 2013/3

"確率的繰り返し多人数囚人のジレンマにおける互恵戦略と利己戦略の共進化プロセス", 進化経済学会第17回大会, 中央大学, 2013/3

"ESS of multiple reciprocities in 4-persons Prisoners' Dilemma", 特定領域「実験社会科学―実験が切り開く21世紀の社会科学」総括シンポジウムポスターセッション,
学術総合センター一橋講堂, 2013/1

"調整ゲームと囚人のジレンマの同時プレイにおける協力関係の分析",第13回実験社会科学カンファレンス, 神戸大学, 2009/9

"How social structure emerges by the heterogenous agents about their deductive reasoning ability", The 3rd International Nonlinear Science Conference, 中央大学, 2008/3

"The successful strategy for mutual cooperation in the experimental multi-game contact",The 9th Japan-China Symposium on Statics,北海道大学, 2007/9 

"Difficulty of cooperation in iterated multi-prisoner's Dilemma situation -Experimental evidence-",The 9th Joint Conference Information Sciences, The Splender of Kaohsiung, Kaohsiung, Taiwan, 2006/10

レフェリー
・"Evolututionary and Institutional Economics Review"
・『行動経済学』

セッションチェア
・Western Economic Association INternational, 15th International Conference, Session Chair
・12th Australia New Zealand Workshop on Experimental Economics, Session Chair