新たな社会システムの再構築を担う人材、実践的能力を有する研究者の養成。

本学研究科の特徴

本学研究科の特徴は、急速なグローバリゼーションにも対応できる専門的な職業を担う優秀な人材の育成を少人数教育により実現し、昼夜開講により社会人の期待にも応えるものです。専門領域としては、経営戦略研究、エンジニアリング・マネジメント(技術経営)研究、そして医薬マネジメント研究を柱としたユニークな科目配置と教授陣を揃えています。特に、博士後期課程は、実践知に根ざす学術研究能力、高度な専門性と仮説検証の実践的能力、意思決定に資する優れた情報のあり方を多角的に研究するために我が国で唯一「インテリジェンス研究」を研究領域として有しており、多彩な教授陣と科目担当により充実した研究指導を受けることができます。

Master’s Program

経営学研究科 経営学専攻 博士前期課程(修士課程)

日本経済大学経営学部経営学科を基礎となる学部・学科として、大学院では経営学研究科経営学専攻が設置されています。現在の日本では健康、福祉、介護、環境をも視野に入れた新たな社会システムの再構築が求められており、日本経済大学大学院の経営学研究科経営学専攻では、経営学の基本を身につけた上で、経済社会の現状と将来を正確に把握できる人材、実践的な研究能力を有する人材、および研究能力を持った専門的な職業を担う人材を育成します。
目的

実践的な研究者などの養成と、培った研究能力をもとに専門的な職業を担う優秀な人材を育成します。本学は社会人を含め知的探究心のある方々に広く門戸を開き、単なる理論構築だけでなく、進化し続ける実践経営との接点を意識し発見する場。研究と実践が交差する21世紀の経営構想力を育む開放的な知的空間を提供する場です。

研究対象

経営学研究の基本を成す経営学、会計学、商学に加え、経営戦略構築の基礎となる、競争情報の収集・分析を行うインテリジェンス・マネジメント研究を基本科目として配置。基本科目のもと経営戦略研究、エンジニアリング・マネジメント(技術経営)研究、および医薬マネジメント研究のいずれかが行えるよう、科目配置と教員組織が編成されています。

研究指導

院生の経歴、社会経験や語学力に応じてきめ細かい研究上のアドバイスを教員が提供してくれます。昼夜土曜開講制、社会人入試、エンジニアリング・医薬経営科目など働きながら研究活動を行える、社会人も入学しやすい研究系大学院です。

Doctoral Program

経営学研究科 経営学専攻 博士後期課程

大学院博士前期課程(修士課程)が学術的研究能力の土台を養成・構築する場であるとするならば、博士後期課程は新たな学術的価値を創造しうる研究者、及び研究能力を養成する場と位置づけます。高度専門家職業人として、市場と組織の高度な発展に相応しい先導的な研究能力を養う教育に努め、戦略的な判断のできる人材を産業界に供給するための指導を受けられます。
目的

高度な専門性と仮説検証の実践的能力や獲得した知識を能動的に活用するインテリジェンス能力などの実践知をもとに、新たな理論を創造しうる研究者能力の醸成に努め、経営学研究での戦略的な情報活用を展開でき、先進的な研究を指導できる実践的な研究者、及び専門領域を指導できる卓越した高度専門家職業人の養成を目的とします。

研究対象

教育研究では、主題に関する理論的文献を分析、最新の研究成果や先行研究を理解し、研究指導を通じて博士論文作成に必要な知識・理論・方法論を修得します。また、主題展開の方法論やデータ収集・解析法を修得し、仮説検証力を養います。これらの中で討議、論評、点検から学位論文作成のための論理的思考力、独創的視点、批判的読解力を育みます。

研究指導

インテリジェンス・マネジメント研究を骨格とした「戦略的な競争情報(インテリジェンス)」による情報の利活用を研究活動に取り込み、より効率的な研究が可能になるよう研究指導を強化し、学生すべてが、インテリジェンス・マネジメントの技法を駆使し、情報の利活用に長け、情報を戦略的に利用できる研究者や実務家を育みます。

卒業生の声

「日本経済大学大学院で得た素晴らしい 経験を、人材資源の育成に生かしたい。」

経営学研究科 2017年3月 修了
PHAM THI NHU QUYNH)さん(ベトナム出身)

ベトナムの大学では人材資源管理を学んでおり、そこで教えてくれた日本人の先生の素晴らしい指導に共感し、自分も日本で学び、ひいてはベトナムの人材育成を豊かにするような、起業の概念を学びたいと考えました。 将来の夢は大学の教員。実は「教師」という人があまり好きではありませんでした。でも日本経済大学大学院の先生たちは、私が日本に慣れるため言葉や文化・習慣などを、家族に接するように教えてくださり、その熱心な姿勢に「人に教え、教わる」という気持ちが芽生えました。教員になったら日本で学んだ知識はもちろん、国際人としてのマナーを学生たちに伝え、一段上の人材育成に携わっていきたいと考えています。