大学院

多田 稔
教授

多田 稔

MINORU TADA

自身の夢の実現を目指して一心に努力を。
努力を怠らなければ、その夢は必ず実現できるはず。
Vouloir, c'est pouvoir
“思いは必ず叶う”

略歴

大学院:明治大学 文学研究科 史学専攻 文学修士
   明治大学 経営学研究科 経営学専攻 博士(経営学)
職歴:(株)エイジアム研究所 主任研究員
   明治大学/法政大学(兼任講師)

キーワード

国有企業/国家と企業/社会主義市場経済/移行経済

担当科目

学部:各ゼミ/経営学/国際経済学/経済原論
大学院:アジア経済演習/研究指導Ⅰ・Ⅱ

専門分野

中国経済論/中国企業論/移行経済学/開発経済学

主な研究テーマ

アジア移行国(中国およびベトナム)における経済発展に果たす国家(特定の政党ないしは政府)および国有企業の役割。またその国家・企業(国有企業)間関係、経済発展モデル、体制論に関する研究。

所属学会・主な社会活動

【所属学会】

アジア経営学会
現代中国学会

主要著作・論文・発表等

【主要著作】

・『China: A-bird's eye view』
The internal prob-lems of China:“All the Stock Circulation(股権分置) Reform” and the “Ancient Regime”Intelligence Pub-lishing 2014/12/25
・『中国の現場から見る日系企業の人事・労務管理 -人材マネジメントの事例を中心に-』白桃書房 2015/11/6
・『中国年鑑2020』「動向・経済/労働」一般社団法人 中国研究所 2020/5/22
・『中国年鑑2020』「動向・経済/自動車」一般社団法人 中国研究所 2020/5/22
・『中国年鑑2021』「動向・経済/労働」一般社団法人 中国研究所 2021/5/25
・『中国年鑑2021』「動向・経済/自動車」一般社団法人 中国研究所 2021/5/25
・『中国年鑑2022』「動向・経済/労働」一般社団法人 中国研究所 2022/5
・『中国年鑑2022』「動向・経済/自動車」一般社団法人 中国研究所 2022/5

【論文】

単著
・「中国における新たな社会主義像の模索」「ロシア・ユーラシア経済調査資料」2001/11/1
・「中国における国有資産管理システムと株式制」「アジア経営研究」第9号 2003/6/1
・「中国B株上場企業における株式所有構成と産業政策」「アジア経営研究」第11号 2005/5/1
・「中国のエネルギー管理体制と3大石油会社に関する調査」エイジアム研究所 2009/2/1
・「移行国中国における「政府(国家)の役割」再考」「経済志林」第87巻第3・4合併号 2020/3/20
共著
・「中国における現社会保障制度設立の要因と制度上の問題点」明治大学経営学研究所「経営論集」第54巻 第2号 2006/12/17
・「異文化経営と人材育成(1)~(9)-1」明治大学経営研究所 「経営論集」第57巻 第2号~第67巻 第4号 2010/3/1~2020/3/31

【発表】

・日本現代中国学会 関東部会(修士論文報告会)2000/4/1「中国国有企業改革と株式制」
・アジア経営学会 第9回全国大会(自由論題)2002/10/1 「社会主義体制下における国有資産管理システムと株式制」
・アジア経営学会 第11回全国大会(自由論題)2004/9/1「中国B株上場企業における株式所有構成と産業政策」
・亜東経済国際学会 第55回(自由論題)2019/7/20 「中国における株式型報酬制度の実施とその効果-地方国有企業を事例に-」